ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ


14382948298121.jpg

しばらくお待ち下さい。
YouTubeを見終わって、次の動画に勝手に切り替わろうとしたときでした。
「あと66時間」という表示が。
これを「しばらく」と言っちゃう辺りセンスを感じますね。
当然ながら1分も待つことなく画面を切りました。

バスケットボール男子の新リーグが来秋開幕。
リーグ名は「ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ」です。
それに向けて、1部から3部に所属するチームが発表になりました。
1部に入るのが決まったのは12チーム。
NBLからリンク栃木ブレックス、千葉ジェッツ、トヨタ自動車アルバルク東京、東芝ブレイブサンダース神奈川、アイシンシーホース三河、三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋の6チーム。
TKbjリーグから秋田ノーザンハピネッツ、仙台89ers、浜松・東三河フェニックス、京都ハンナリーズ、大阪エヴェッサ、琉球ゴールデンキングスの6チーム。
2部3部も発表されていましたが、まだ全部ではないようです。
残り半分以上残っていて、1部にはもう4チームほど増えるかもってことでした。
個人的に大阪が1部になったのが嬉しいです。
1部2部とかの区分けは、チームの強さではなくてチーム運営をしていく上での3つの条件を満たしているかで判断。
ホームアリーナの入場可能数が5000人以上であること、年間試合数8割のホームゲームを実施できる開場の確保、年間売上げ2億5000万の3条件が1部に入るために必要なものです。
1部と比べて入場可能数が3000人、年間売上げ1億円の条件では2部に入れるようです。

今日は昨日の続きから。
第一段階までを目指す予定にしていたセットアップは無事終わりました。
少しトラブルはありましたが、とりあえずなんとかなりました。
終わったけど、まだこれで全体の半分ぐらい。
あと二段階ほど残っています。
明日中にそこをなんとか出来れば良いなと思っています。
セットアップ作業以外の時間は、設計書の確認を進めました。
色々とやることが多くなってきているので、全体をしっかりと把握し直すことに。
その上でスケジュールを確認したり、優先度を考えたり。
なかなか思い通りに行かないところもありますが、どこまで自力で頑張れるか。
先輩に頼ることなくゴールまで行くのが今回の目標です。